手打ちそば好評! 西帯支部パークゴルフ懇親

  DSC_00177月18日、西帯支部でパークゴルフ懇親会が開催され、17名が参加しました。
当日は、30度を超す真夏日となり、みんな「暑いね」と言いながらのパークゴルフとなりましたが、普段の鍛えた腕前を披露していました。

18ホールを廻り終えてもまだまだ元気と2ラウンド目に入る強者も現れ、体が資本の業者の体力を存分に発揮していました。

その後、厚生部長の倉庫で焼肉懇親会となり、肉や飲み物を堪能しながら交流を深めました。また、白山さん自慢の手打ちそばが全員に振る舞われ、涼を感じさせる冷たいそばに「おいしい~」と大好評でした。

本日のコラム:特別企画・原水爆禁止世界大会現地リポート④

1945年8月6日8時15分17秒、広島へ原爆投下
この日から、65回目の暑い夏を向かえました。

佐藤事務局員は、朝平和式典の会場に向い、秋葉市長をはじめ多くの方々と「核兵器のない世界」へ向けて誓い合っています。

20100806075854
朝8時式典がはじまりました

8月5日

20100805164325核兵器をなくそう!学生交流会に十勝から参加した2名の高校生を連れて参加しています。

こんなにも多くの学生達が平和について語り合っています。すげー楽しそうだけど、学生ではないので参加できません。
平和への思いを画用紙に綴っています。

日本は健全な気がしてきました。
おっと、油断は禁物です。

20100805112149明日は原爆が使われて65回目の8月6日です。
ホテルも朝食を繰り下げて特別体制に入りました。
自分も今までとは違う夏を過ごします。
若い人達はすごい勉強熱心で、いろんな議論をしました。

ただ、僕個人として若い人に望むポジションは自分がされていやな事は、他人にしてはいけないよね、という形だと思います。
深みはないかもしれません。
ただ、一人の人間が死ぬ時に、自分の人生を振り返る時間「とき」が絶対に必要だと思っています。
それは親やおじいちゃん、おばあちゃん、兄弟に対する「産んで、育んでくれてありがとう」という感謝だったり、大好きなあの人に気持ちを伝えられない悔しさ、自分の子や孫の未来を心配する時間です。

自分がどうして死ぬのかわからないまま殺されるのはいやなこと。人間らしく生きて、人間らしく死にたい。

そういった想いを胸にヒロシマの朝日を浴びてきます。

20100805112028


本日のコラム:特別企画・原水爆禁止世界大会現地リポート③

  原水爆禁止2010年世界大会も二日目となりました。youth_rallylinkk
昨日の夜は、「青年のつどい」が開催され、多くの若者が平和について学びあっています。今日は、分散会で各々が参加したい分散会に分かれて討議や学習、また、移動分散会なども企画されています。
いよいよ明日、平和記念式典、パンギムン国連事務総長が着ます。
本当に歴史的な世界大会になります。

8月4日夜

20100804190937昨日の青年のつどいでは平和委員会の川田忠明さんの話で、「アメリカは一年に三千発の核兵器を処理できる工場を持っている。もしアメリカが他の核保有国に処理するから全部持って来いと声をかけ、先導役を果たせば実は数年で核兵器をなくすことができる」言ってました。

会場の青年達は「そうか、案外早いね」といった感じです。
あとブラジル、アルゼンチン、それと南アフリカ共和国は自らの国民の意思によって核廃絶を達成した国として紹介されてました。

ビバ南半球!ってかんじです。


8月5日朝20100805052023

今朝の散歩です
大きい都市に広い川。
鉄則です。

佐藤 太市 事務局員

本日のコラム:特別企画・原水爆禁止世界大会現地リポート②

今日、8月4日から原水爆禁止2010年世界大会が開幕しました。
十勝の代表は、3日帯広空港から千歳を経由して広島に入り。
今日4日には、全体の開幕式、そして北海道代表団の結団式が行われました。

8月3日

羽田空港にいます。20100803140039
正しくは東京国際空港です。
が、周りは日本人とかピカチュウー号とかばかりです。
飛行機の燃料は地下から吸い込んでるみたいです。言わば駐機場オールガソリンスタンド状態なわけです。スゴい!


8月4日

20100804132604いま、猛暑の中全国から同じ想いで多くの人々が集まってます。いろんな旗が立っていて圧倒されてます。

広島のテレビニュースでは原爆、核兵器のニュースが連日特集されてます。
地域格差を感じました。


午前中は被爆者のお婆さんの話を聞きました。

子供や孫まで続く被爆者差別により苦しめられ、いっそ死んでしえばよかった、と言っていたことが印象的でした。

20100804103737

本日のコラム:特別企画・原水爆禁止世界大会現地リポート①

8月3日~7日まで、広島で開催される「原水爆禁止2010年世界大会」に、帯広民商から代表して佐藤太市事務局員(27)が参加していますので、本日のコラム:特別企画として毎日現地からのホットなリポートをお届けします。

といいつつ、まだ現地について間もないので・・・

CIMG3937帯広での行動を紹介、7月31日から8月9日までの10日間、原水爆禁止世界大会に併せて連日宣伝行動が組まれ民商も参加しています。
内容は「核兵器の無い世界を」の署名と代表派遣の募金活動です。

今日は、昨年民商代表として長崎の世界大会に参加した音更班の班長も参加して、多くの方に快く署名をいただきました。

代表の佐藤事務局員も出発前の31日にハンドマイクを握り、道CIMG3928行く人に訴えていました。

民商は、商売人の団体ですが、「平和でこそ商売繁盛」を合言葉に平和活動にも積極的に参加しています。

平和でなければ、ほんと商売どころじゃありませんて

青山 徹也 事務局員

帯広民商プロフィール

帯広民主商工会

十勝・帯広で52年、中小業者の営業とくらしを守るため、業者自らでつくる団体です。税金、記帳から生活、経営の相談まで悩み多い中小業者のよりどころとして、日々活動しています。
お気軽にご相談ください。
  電話 0155-22-4555

お問い合わせ


帯広民主商工会
〒080-0011
帯広市西1条南4丁目7
     民商ビル2階事務所
電話0155-22-4555 
FAX0155-22-4583

メール:minsho@octv.ne.jp
営業時間9:00~17:00

お気軽にお問い合わせください
携帯サイト
QRコード