中小業者は体が資本、健康を大切にして!
3_3_1e共済会では「いのちと健康を守る運動」として、昨年に引き続き「大腸ガン健診」を行います。
 昨年は185名が受診して、10名の方が陽性、再検査を受けて特に問題のなかった方もいましたが、「ポリープ」の除去手術を行った方もいます。 近年、二人に一人がガンになるといわれる時代ですが、とりわけ大腸ガンは増え、共済会では全加入者に検診をしてもらおうと話し合い、共済役員中心に配布を始めています。
 「病気が見つかっても仕事を休めない」「医療費が心配だ」といって受診をためらっている会員さんは少なくありませんが「健康でこそ商売繁盛」です。重病になってからではなく検診結果から健康状態を知り、それを元に家族含めて関心を持ってもらいながら、商売に励んでいただきたいと思います。
共済会役員が会員を訪問して
大腸ガン検診は共済加入されている方全員無料で受けられます。共済役員さん中心に、各支部班に必要分おろしていきますので受診と声かけをお願いします。

アスベスト検診も呼びかけて
3_3_1b 建設関連や自動車整備に携わった方たちが、20年から40年の潜伏期間の後に健康被害がでるアスベスト被害です。帯広民商共済会では、毎年、独自にアスベスト検診を実施しています。最近受診者が少なくなっています。「なんでもない」と思っていても発見されるのがこの検診です。ぜひ、一度は受けてください。