帯広市の給食センターの建て替えについて議論が進んでいます。今までの様に一ヵ所ですべての調理を済ませてトラックで配送するか(センター方式)、各校舎に専用の調理室を設けてそれぞれの学校で賄うようにするか(自校方式)、という話し合いです。

埼玉県の草加市や愛媛県の今治市では自校方式で調理しているとの事です。ここで様々な疑問が出てきます。
?もともと自公方式だったのか、それともセンター方式から移行したのか。
?自治体にてどういった議論をして何を優先させて(コストや食育のため等)自校方式に踏み切ったのか。
?自校方式で自治体、地元の生産者、食材の納入業者、先生や親達、そして子供たちにどのような変化・影響があったのか。

この件は新聞でも採り上げられ、これからも議論される事でしょう。どのように話が進んでいくのか私達は注目していかなければなりません。

ただ大切な事は、作っているひとが「これはおいしく出来た。自信作だ。」と感じるものを提供することではないでしょうか。

事務局 佐藤太市