昭和40年12月12日、全国の民主商工会結成の動きに呼応する形で、帯広にも民主商工会が結成された。
  それから半世紀、創立メンバーの一人でいまだ現役で理容業を営む塩浩一さんと元事務局員で現在は宅建業を営む理事の宮下三郎さんに、対談形式で民商50年を語っていただきました。

帯広民主商工会50周年記念誌より
photo and text Tetsuya Aoyama, 2015/8/24

IMG_3159塩 浩一 しお-こういち
 昭和8年、大阪生まれ、旧姓は豊臣家臣の佃。
 1歳で猩紅熱に罹り一度死亡診断を受けるが、奇跡的に生還。
 しかし、聴力を失う。帯広にて塩理容所を開業。
 帯広民商の立ち上げメンバーの一人。

IMG_3146
宮下 三郎 みやした-さぶろう 
昭和22年、群馬生まれ 
昭和45年民商事務局として23才のとき、帯広民商入局 
その後、宅建の免許を取得し、宮下宅建(株)を設立開業 
現在、民商理事 


帯広民商結成
、そして初めての集団申告


 昭和41年のあれは3月に、そのときは5人で初めての集団申告したのね。その前に、自たちでお金をだしあってチラシを作って、広小路なんかでチラシを配って一人でも多く集団申告に参加しないかとね、チラシ残せばよかった(笑)

  そして、5人で初めて集団申告に行ったら、なにごとだろうと税務署員が目をまん丸にしてね、申告に来ている人たちも、みんなこっちを見てる中で、あれが第1回目の集団申告。
わたしらもドキドキ、先頭切ってみんなの申告書を持っていた柚原さん(初代事務局長)もドキドキしながら、税務署に申告書を手渡した。

 当時はさ、申告は全員呼び出しで、よく聞いたんだけど競馬場の発走台みたいに仕切りがあって。

 昔はあった。

 そこでみんな税務署員と面接をして、税金を決めていたと、いう時代なんでしょ?

 そうそう、あの頃はね。行ったら衝立があって、納税者の人はそこで面接している。私たちは、直接手渡しで帰ってくるから、目をまん丸にしてみんなこっちを見てた。

 今までは、税務署が一人ひとり呼び出して、「はい税金いくらだよ」って、その場所で決めていた。それが、自分で持って来られたらね。

 税務署がおろおろしていた(笑)

 今までそんなことした人いなかったんでしょ?

 いない、いない。だから、税務署も初めて。でも、やっぱり不安はあったね。この後、なにかあるだろなとは思ってた。そしたら、案の定。

 5月のさくら祭りが終わってまもなく、全員調査が来た。

一同(笑)

 早川さん、柚原さん、私が3番目。みんなに立会いに来てもらって、調査官2人で来たんだわ。
テーブルの上に、大きな録音機につないだマイクを載せておいてそしたら、税務署員が「これはなんだ」と「よけろ」と、こっちも「なにいってんだ」と抗議するけど、税務署も怒り始めちゃって、下ろした。

  次は、立会いの人はでてくれというもんだから「なにいってんだ、私が耳が不自由だから来てもらっているんだ」といったら、税務署もおろおろしちゃって、みんなも「そうだ、そうだ」と塩さんに頼まれてきているんだから出て行く必要はないと大声で抗議した。そして、税務署に今日はなんの調査に来たんだと聞いても、なにもいえないんだわ震え上がっちゃって。

 税務署だって、調査に行ったら何人かの立会いがいるなんてことは初めてだろうからね。民商も初めてだけど、税務署だって初めて。

 早川さんや柚原さんが「税務署からいわれることはない、税金は自分で決めるんだ」と、自主計算・自主申告だろうと、そしたら、税務署はなにもいわずで帰っちゃった。

 5人とも全員に調査が来たわけでしょ? そこで、税金修正して取られたとか。

 それは、ないない

 なかったんだ! ただ、嫌がらせに来ただけだ。

 結局調査はさせなかった。浜田さん(元道連事務局長)に教わったとおりにやった。その後も、調査はなかった、調査の用意はしてたけどね。

 ほー、すごいね。


全3回

帯広民商50周年記念対談①  帯広民商結成、そして初めての集団申告