共済会

健康班会で「メタボリックシンドローム(メタボ)の予防」で交流!

健康班会で「メタボリックシンドローム(メタボ)の予防」で交流!

3_4_33_3_1b「聞けないことを聞けた」と楽しくためになった班会を開いた木野6班。
 7月16日の班会は、「メタボリックシンドローム(メタボ)の予防」と題して健康相談会でした。
 十勝勤医協帯広病院の看護師さんが、自分でメタボかどうか分かるように4つの項目に分けて説明していただきました。
次の項目のうち2つ以上でメタボにあてはまるとのことでした。
1、「腹囲」…男性は85cm、女性は90cm
2、「高脂血症」…中性脂肪150mg/dℓ以上、     又は、HDLコレステロール150mg/dℓ未満
3、「高血圧」…
   収縮期血圧:最高血圧130mmHg以上
   又は、拡張期血圧:最低血圧85mmHg以上
4、「糖尿病」…空腹時血糖値110mm/dℓ以上

 メタボになると動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞、睡眠時無呼吸症候群など命に関わる病気にも繋がり、太っていて良いことは無いとのお話で、参加者からは「痩せなきゃといつも思っているんだけど…なかなかできずにいるよね、太っていていいことないよね」と、改めて生活習慣改善を目指しメタボを防ぐ7か条を聞きました。

『メタボを防ぐ7ヶ条』
 ① 食べすぎを防ぐ
 ② お酒はほどほどに
 ③ 寝る前3時間は食事をしない
 ④ ウォーキングなど、有酸素運動をする
 ⑤ たばこをやめる
 ⑥ 睡眠を十分とり、ストレスを解消する
 ⑦ 定期的に検査を受ける

 女性ばかりでしたのでお話を聞きながら、自分の身体の調子や感想を「普段病院では看護師さんも急がしそうで聞けないので、今回勉強できてよかった」と楽しく勉強できた初めての健康班会となりました。
 健康班会はどこの班でもでき、その場で血圧測定や尿検査などの簡単な健診も受けることができ、喜ばれています。

共済会加入者、新たに22名拡大!

仲間の助け合いの共済会、新たに共済会員22名拡大!
20130521164640_00001
民商共済会では、助け合いの運動として自前の共済制度があります。
仲間が病気、結婚や出産などがあったときに全国の仲間からの共済給付金が手渡されます。
この運動の輪に加入してほしいとの願いから、加入拡大をすすめています。
 
みんなで拡大に決起!
5月の連休明けから理事長が先頭に立って自ら6名の仲間を増やす大奮闘。
その奮闘が共済会役員、事務局に火がつき、
: 仕事を一緒にしている息子さんに「共済に加入しませんか」と訴え加入。
: 「健康診断を受けるなら共済会に入ると補助がありますよ」と健康診断の手続きと一緒に訴え従業員が加入。
: 「病気で保険に入れない」という婦人に、「病気を持っていても入れますよ」と声かけ加入してもらいました。
 中小業者は家族経営が多く、配偶者は事業主と変わりなくそれぞれが代わりの利かない役割を担っています。
夫婦のどちらが倒れても経営と暮らしは危機に陥ります。
そうした中で共済会の加入は事業主だけでなく、配偶者にも加入を広めていく運動をしています。
配偶者の現在加入率は37%、まだまだ入られていない方が多くおり、加入を勧めています。

共済会の5つの魅力

1、無条件で加入できる
 民商会員とその配偶者は年齢を問わず、入院・通院中でも加入できます。会費は前納制で月1,000円です。
 ▼加入者の声=白内障手術とそれに伴う糖尿病で10日間の入院でしたが、医療費の高さに驚きまし た。国民健康保険料も高額ですが、3割負担の重みも身にしみました。今回、共済金を受け取り、ただ感謝です。1人でも多くの仲間を増やして、この喜びを分 かち合いたい。(愛知県 M・Nさん)

2、いのちと健康を守る助け合いを重視
 民商共済会の集団健診の結果、「健康」な人はわずか15.7%。なんらかの「異常」が指摘された人は7割をこえています。民商共済では、何よりいのちと健康を重視して、早期発見・治療のため集団健康診断の取り組みに力を入れています。

3、自前の共済
 「一人はみんなのために、みんなは一人のために」を合言葉に、会費を出し合い、自前の見舞金や祝金を発展させています。
※詳しくは全商連共済会規約・運営規定をお読みください。

4、心かよう仲間がいる
 「目くばり、気くばり、心くばり」を合言葉に、身近な班や支部ごとに何でも相談しあえる運営をしています。

5、仲間の数が力になり発展
 すべての民商の仲間が加入してこそ、助け合いの内容は、いっそう豊かになります。創立以来、のべ148万人を超える加入者へ836億円の共済金を届けてきました。支払われた共済金は会費収入の8割を超え、他の共済ではまねできないものとなっています。


集団健康診断に88人が受診、健康を守る運動を広げています!

春の集団健康診断に88人が受診、健康を守る運動を広げています!
20130520健診
帯広民商共済会の集団健康診断が5月12日(日)に勤医協帯広病院で日曜健診を行いました。
会員、配偶者、従業員など88人が受診し共済役員が受付などを行いました。

 建設関係の事業所は健診結果を元請に提出しないと現場にでられないなどあるため、健康診断の案内をだすとすぐ申込者で一杯になります。
日曜、夜間がいっ ぱいでも、平日健診を重視しています。
多忙な会員からの希望を募り、系統的健診活動を広げています。

 大腸がん検診はお済ですか?

大腸がん検診はお済ですか?
3_3_1e帯広民商共済会では、命と健康を守る取り組みの一環とし大腸がん検診を推進しています。
H24年度の大腸がん検診は、昨年の11月から取り組み、共済会役員を中心に全会員に容器が届けています。
中小業者は忙しく、「すぐ検査し届けるより仕事」という人が多いです。
なかなか全会員までとはなりませんが、中間で掌握したところ「中小業者は異常」「猶予できない状況」でした。



CIMG5400異常な結果、一刻も早く検診を!

医療機関から最近の大腸がん検診結果は、陽性率5.86%、悪性腫瘍は、0.25%と聞いています。
1月までの中小業者の実態は60人のうち陽性は9人で受診者の15%を占める異常事態です。
中小業者の陽性者の内訳は、男性7人、女性2人。年代別で見ると、10代1人、30代1人、40代2人、50代3人、60代1人、70代1人でした。
中小業者の再検査は進まず、「悪性腫瘍がなければいいな」と心配しているところです。
共済会では、「早期発見で安心して仕事に打ち込めるようにしていただきたい」「容器が届いていない人はご一報下さい。」と班会や会費を集める中で訴えています。
商売を脅かす健康破壊、大腸がん検診一刻早く検診を広げたいです。

寒さに立ち向かって雪中運動会!もちつき大会、温泉に入って懇親会!

寒さに立ち向かって雪中運動会!

毎年恒例、今年(2013年)で28回目の共済まつりを開催します。
健康で楽しい企画がいっぱい
一汗かいた後は、温泉に入って体を温め、その後は仲間の懇親会です。
申し込みは1月31日までに帯広民商共済会(22-4555)まで。
20130117共済
第28回共済まつり
日 時 2月3日(日)
 午前10時~午後3時まで
会 場 ホリデーインホテル 十勝川
(音更町十勝川温泉)
懇親会費 大人2,500円 子供1,000円


(2012年2月のまつり)
共済まつり1
共済まつり416

共済まつり82

共済まつり49

帯広民商プロフィール
お問い合わせ


帯広民主商工会
〒080-0011
帯広市西1条南4丁目7
     民商ビル2階事務所
電話0155-22-4555 
FAX0155-22-4583

メール:minsho@octv.ne.jp
営業時間9:00~17:00

お気軽にお問い合わせください
携帯サイト
QRコード