共済会

初冬の紅葉を満喫 南支部秋の支部レク~とてっぽ通り散策~

初冬の紅葉を満喫 
南支部秋の支部レク~とてっぽ通り散策~
 南れく支部ではもう晩秋の日高山脈に雪の戴いた11月11日(日曜日)落ち葉を踏みしめ木漏れ日を浴びながら旧十勝鉄道の跡地「とてっぽ通り」を9人で散策しました。通りに面したところに住宅のある会員さんに案内役をかってもらい赤い木の実を口にしたり、「この木はなんって木だろう?」とか、エゾリスを追っかけたり、展示してあった十勝鉄道時代の木炭機関車を懐かしんだりなどしながら、約4キロの内3キロを1時間20分かけて歩きました。
街並みにも帯広らしさ、自然がいっぱい!
 歩行者用の道とサイクリングロードがあり中央に小川があり(冬期間で水は止められていた)落ち葉でふさがっていたがおそらくは今年の様な猛暑の夏はせせらぎを聴きながら夕涼みを満喫し人も多かったんだろうなあと猛暑と厳しかった残暑を思い浮かべながら歩きました。
 紅葉は終わりかけていましたが、真っ赤な樹木もまだあり充分楽しむことができました。
ひと汗かいて、焼肉で一杯!
 散策の終わりころには汗ばみジャンパーを脱ぐ人もいて歩き終わった後、参加できなかった4人を加え13人での焼肉で舌つつみをうち、ビールで喉を潤し楽しい半日を過ごしながら懇親を深めました。
 焼肉店ではシニア割引き300円があり、それぞれ免許証、健康保険証などで年齢を確認されましたが中には顔で判断して貰った人もいて大笑い(果たしてこんなに食べて飲んで体にいいんだろうかね?)意外と、この「とってぽ通り」のこと知らない人が多いのではないだろうかと思う、一度散策してみてはいかがでしょうか。   ( 記 南支部長)

健康を大切にして!「アスベスト検診」「大腸がん検診」を全会員に呼びかけて!

中小業者は体が資本、健康を大切にして!
3_3_1e共済会では「いのちと健康を守る運動」として、昨年に引き続き「大腸ガン健診」を行います。
 昨年は185名が受診して、10名の方が陽性、再検査を受けて特に問題のなかった方もいましたが、「ポリープ」の除去手術を行った方もいます。 近年、二人に一人がガンになるといわれる時代ですが、とりわけ大腸ガンは増え、共済会では全加入者に検診をしてもらおうと話し合い、共済役員中心に配布を始めています。
 「病気が見つかっても仕事を休めない」「医療費が心配だ」といって受診をためらっている会員さんは少なくありませんが「健康でこそ商売繁盛」です。重病になってからではなく検診結果から健康状態を知り、それを元に家族含めて関心を持ってもらいながら、商売に励んでいただきたいと思います。
共済会役員が会員を訪問して
大腸ガン検診は共済加入されている方全員無料で受けられます。共済役員さん中心に、各支部班に必要分おろしていきますので受診と声かけをお願いします。

アスベスト検診も呼びかけて
3_3_1b 建設関連や自動車整備に携わった方たちが、20年から40年の潜伏期間の後に健康被害がでるアスベスト被害です。帯広民商共済会では、毎年、独自にアスベスト検診を実施しています。最近受診者が少なくなっています。「なんでもない」と思っていても発見されるのがこの検診です。ぜひ、一度は受けてください。

班会で健康相談会、自分の健診結果を見る力をつけて!

班会で健康相談会開く
201210札内健康相談 中小業者は、体が資本です。連日商売に奮闘していても、ひょっとした病気でも経営と暮らしを悪化・困難なものにしてしまいます。

 札内2班では勤医協の職員を招き、健康相談会を毎年行っていて、今年は10月9日に行いました。放射線技師が放射能についてプロジェクターによる映像を使って解説し、世界的に見て甘いとされる国の暫定基準値や、ハワイの島々をこえてますます広がる放射能の汚染、福島原発の原子炉が熱を出し続け、今もドリルのように地中を溶かし続けている事など、わかりやすく話しをしてくれました。
自分の体・健康と原発問題をリンクさせて
 参加者は「いい加減だった原発建造と、暫定基準など今もいい加減な政策にあきれた」「放射能の恐ろしさが改めてわかった」「プルトニウムを使う大間原発は危ない」と意見を出し合いました。引き続き毎年健康診断を受けることやその結果を見る力をつけて、元気に頑張っていく運動をすすめていきます。

すばらしい景色!神秘の湖オンネトーを散策!

毎年の共済会登山(散策)は健康で楽しい!
20120916オンネトー共済会では毎年9月に会員の健康ののために体を動かし、リフレッシュを図る目的で毎年レクレーションを企画しています。今年は9月16日(日)に行われ、朝6時30分に帯広をバスで出発、現地の天候を心配しながら午前9時前にオンネトーに着き、ガイドの安井さんと合流しました。心配した天気も「曇り空ではあるが行けそうだ」とみんなで準備体操をし、神秘的なオンネトーの森に足を踏み入れました。
「7月には熊が出たぞ」の看板
 「7月には熊が出たぞ」の看板を横目に参加者は19人が一列となって歩き、安井ガイドが森の中の植物、花、キノコ、木、鳥などを詳しく説明してくれました。 「これはオオスギゴケ」と指を差しながら進むと色々な種類のキノコがあり、食用と毒キノコがあちらこちらに生えていました。特に長い名前のキノコは聞いてもすぐ忘れてしまいますが、沢山教えていただきました。木は「トドマツ」「赤蝦夷松」などがあり、松の葉先を、ちょっと拝借して匂いを嗅ぐとふあっと木の香りが漂い心を癒します。森の中の樹林は200年以上経っているそうです。その太い幹が長い時間をかけてこの森のもととなり、中では植物や動物、鳥などが自然の営みを続けています。
神秘の湖、オンネトーを散策!
20120916オンネトー2 1時間ほど歩くとオンネトー湖が見え、湖岸の周りを歩き最終地のキャンプ場まで歩き、湖の出たところで参加者全員で記念撮影。オンネトーの森をゆっくり一時間30分掛けて散策しました。 毎日あくせくしている日常から離れて、自然の中に身を置いてリフレッシュしました。バスの中からオンネトー湖と雌阿寒岳、阿寒富士が美しく見えました。バスは一路、阿寒湖へ走りホテル鶴雅へ到着。もう一つの楽しみでもある評判の「昼食バイキングと温泉」が目的です。皆さん沢山の美味しい料理に、にんまりと満足していました。温泉も露天風呂からの景色は最高で、ゆったりと湯船に浸かって疲れを癒しました。 参加者はそれぞれ「来てよかった。美味しいものおなかいっぱい食べました」「散策は最後まで歩けて自信がついた」と意見交流し、とても楽しく思い出に残るレクレーションとなりました。

学習交流のあとに、パークゴルフ大会

パークゴルフ大会で3位に
「第9回いのちと健康を守る学習交流会」2日目
(写真は帯広のパークゴルフ大会)
パーク緑商2日目は、パークゴルフ大会が行われました。当日は晴天に恵まれ、眼下に小樽市街地と石狩湾、遠く東に石狩新港まで見渡せる高台の「ワインの丘パークゴルフ場」にて各民商からの参加で21のグループで分けて、その腕を競いました。参加した沢田さんは「コースは総じて距離は短いがフェアウェイが狭く、グリーンがおわん型でピンの手前で止めることが好スコアの絶対条件でコースの熟知が必要と思いました」と。
帯広民商は団体で3位でした。
帯広民商プロフィール

帯広民主商工会

十勝・帯広で52年、中小業者の営業とくらしを守るため、業者自らでつくる団体です。税金、記帳から生活、経営の相談まで悩み多い中小業者のよりどころとして、日々活動しています。
お気軽にご相談ください。
  電話 0155-22-4555

お問い合わせ


帯広民主商工会
〒080-0011
帯広市西1条南4丁目7
     民商ビル2階事務所
電話0155-22-4555 
FAX0155-22-4583

メール:minsho@octv.ne.jp
営業時間9:00~17:00

お気軽にお問い合わせください
携帯サイト
QRコード