青年部

青年業者の3分の1がワーキングプア!

悪化する青年業者の営業実態
青年の実態調査全国業者青年実態調査(2011年)が発表になっています。
全国と全道の集計結果を比較してみました。

① 所得水準について
 格差と貧困が問題になって久しく経ち、ワーキングプアと称されている所得200万円以下の労働者の実態が取りざたされましたが、業者青年の実態も同様です。
(2011年度)
   100万円未満 全国12.8%、全道12.9%
100~  200万円 全国21.0%、全道23.1%
200~  300万円 全国23.0%、全道30.2%
300~  500万円 全国22.9%、全道21.2%
500~1000万円 全国10.8%、全道 5.1%
 1000万円以上 全国 2.8%、全道 2.4%
無回答      全国 6.7%、全道 5.1%

200万円以下の青年業者は、全国・全道とも3分の1を超え、北海道では前回よりも約5ポイント増えています。
さらに13%が100万円以下と生活保護以下で、子どもを生み育てる世代のこの状況が、少子化をより深刻なものにしているのが伺えます。
中小の青年業者に対する支援が緊急に求められています。将来を見とおして青年業者運動を広げていきます。

元気いっぱい!「矢臼別平和盆おどり」に参加!

48回目の矢臼別平和盆おどり
20120804矢臼別
北商連青年部協議会では、平和の活動にも青年部で参加していこうと、48回目を迎える「矢臼別平和盆おどり」に、北見、帯広、釧路から8名が参加しました。

土地は渡さない!
 当日はあいにくの空模様でしたが、演習場の真ん中で戦争のために土地は渡さないと、土地買収を拒み続け平和に生きる権利を主張し続けた、川瀬氾二さん(故人)の意思を引き継いで行われている取り組みに、全道・全国各地から多くの人が駆けつけました。

夜遅くまで交流して!
20120804矢臼別②
 夜には、花火・盆踊りが行われ、オスプレイの仮装をした人、おそろいのはっぴで踊る人などなど、みんなで輪になって踊りました。仮装コンクールで道青協は、10位入賞
 その後、平和のこと、これからのことなど夜遅くまで語り合いました。

すっごいおどり! 婦人・青年部ビールパーティー

第35回ビールパーティーに280人、暑い夏に一杯!
ビール02

 毎年恒例、婦人部と青年部主催によるビールパーティーが7月7日、とかち館で行われ多くの参加者でにぎわいました。
 冒頭は木野支部婦人部の部田(とりた)さんが、歌謡曲に合わせて舞を披露し、観客の心をつかみました。


ビール01
 つづいて西帯支部の岩渕さんが、プロの社交ダンスをパートナーと共にパワフルに、そしてしっとりと踊り、きらびやかな衣装に観客は魅せられました。



ビール03
1500円でビール3杯、まずはビール一杯
 ビール・お酒コーナーに足を運んで……
 前日から入念に準備された模擬店では、10種類以上もの品がふんだんに用意され、開催直後は購入者が殺到しました。

12071602
 ステージでは、スリッパ渡しゲームや、くじ引き景品抽選も行い、
大きく盛り上がり、観客・主催者が
一緒になって楽しむことが出来ました。

本日のコラム:青年部連日訪問活動~15名の仲間が増える~

青年部の活動といえば「ビールパーティー」がメインの活動でした。

今回、全商連青年協議会の総会が11月21日にが行われるということもあり、事務局も2人増えたことだし活発な活動をしていこうと訪問活動を行っていきました。

何度か部会を重ねるなかで、青年部長や部員のみんなは「事業主として」「業者2世として」友達や同世代には話せない悩みや、青年業者だから話せる話題があります。
もっと、居場所を探している業者青年はたくさんいると思い訪問活動しました。

訪問のなかでは、「実際なにしてるの」「青年部にはいるといいことあるの」といった反応が多く
実際の活動実績がない「民商青年部」これからやるんですと声かけをしました。

15名増えた最大の要因は、実際訪問活動をした部員・部長が「若い事業主で盛り上げていきたい」
業者2世に対しては「青年部に入っていれば、自分がメインになったときに横のつながりや、とまどいも少ない」といった、部員・部長自らの声かけに「ぜひ入りたい」「予定が決まれば連絡下さい」といった反応が15名の増えた最大要因だと思います。

帯広民商青年部は、毎月部会を行い、青年業者としてしかできないことに特化し、今は発展途上ではありますが魅力ある青年部にしていきたいと思っています。

事務局員 円城寺 篤

33回目の、ビールパーティーは大盛況!


毎年恒例となっている青年部・婦人部主催の『ビールパーCIMG1849ティー』が3日に行われ、会内外から約350人が参加し賑わいました。

オープニングでは迫力ある『平原太鼓』が披露。その後、青年部長が「中小業者の営業と生活を破壊する『消費税増税』をやめさせるため、力を合わせて頑張ろう」とあいさつしました。

続きを読む
帯広民商プロフィール

帯広民主商工会

十勝・帯広で52年、中小業者の営業とくらしを守るため、業者自らでつくる団体です。税金、記帳から生活、経営の相談まで悩み多い中小業者のよりどころとして、日々活動しています。
お気軽にご相談ください。
  電話 0155-22-4555

お問い合わせ


帯広民主商工会
〒080-0011
帯広市西1条南4丁目7
     民商ビル2階事務所
電話0155-22-4555 
FAX0155-22-4583

メール:minsho@octv.ne.jp
営業時間9:00~17:00

お気軽にお問い合わせください
携帯サイト
QRコード