年金事務所から、扶養親族等申告書という紙が届いて、そこに扶養親族などのマイナンバーを記入するようになっているが、書かなければ受理されないのだろうかという相談が増えています。


この件でさっそく、全商連が厚生労働省に交渉しています。
いやぁ、スピーディーで助かりますな。

「個人番号(マイナンバー)の記載がなくても受理する」と回答、厚生労働省のHPにもその旨がアップされています。

キャプチャ

厚生労働省HP-引用(リンク

しかし、「なお、個人番号の記載がない場合、後日ご連絡させていただく場合があります。」って、これ何なんでしょうかね?
真意はわかりませんが、なんだか記入しない奴は逆らっているから圧力かけてねじ伏せましょうかとも言わんばかりですね。

小零細業者は、マイナンバーなんか危険すぎて預かれないという現状があります。

  金庫で厳重に管理して
  パソコンには強固なセキュリティー
  それでも漏れたら罰金罰則
  しかも、国から1円のお金ももらえないんですよ?

  従業員が会社に預けたくない!という場合もあるでしょう?
  私も預けてません(自分と家族の番号受け取ってないので知らない…)


そもそも、年金機構で個人番号なんて知っているですよ?

なぜ、わざわざ事業所に預からせて、記入させようとするのか

闇は深いです。



事務局 青山