融資

新型コロナ-融資を借りて生き残ろう「事例紹介⑤」

北海道の休業補償で、またまた相談が急増中の帯広民商です。

緊急事態宣言の休業補償は、休業させるのだから補償するという観点は一定の評価に値するのではと、思うのです。

一体どのような補償で、申請になるのかという点はまだ確定していないので、なんともいえない部分は多々あるのですが。

本日は、社会保障協議会の生活福祉資金(緊急小口資金)貸付のお話

生活福祉資金は、通常10万円の貸付が限度ですが、緊急小口資金貸付は一定の要件を満たせれば20万円の貸付とすることができます。

 【要件】
  ①世帯の中にコロナの罹患者がいる
  ②世帯の中に要介護者がいる
  ③世帯員が4人以上いる
  ④世帯の中に子の世話を行う労働者がいる
  ⑤その他(所得が減少した個人事業主がいるなど)

社会福祉協議会は、各市町村に窓口があります。




すぐ受付、すぐに手続き完了、20万円ありがたい


居酒屋を経営するDさん、道の緊急事態宣言後はめっきり客足が途絶え、お客さんがゼロの日も。

居酒屋さんなどの、料理を提供するお店は、いつお客さんが来るかわからないこともあり、ある程度仕込みをしておきますが、お客さんが来ないということは、仕込みをしておいた食材を破棄(ロス)しなければならず、ホールの従業員の人件費、家賃などの固定費、食材のロスでただ店を開けるだけのコストが非常に高くなります。

先日発表された、事業化給付金(法人200万円、個人100万円)の給付がまだ先になるということで、政策公庫の借入と事業化給付金がでるまでのつなぎとして、社会福祉協議会に緊急小口資金20万円(無金利)を借りに行くことにしました。

どの様な資料が必要なのかを聞きに行ったのですが、その場で申し込みをすることになり、令和2年2月と令和2年3月の所得(利益)の減少幅を、「収入の減少状況に関する申立書」に記載して、減少の理由を記入、あわせて「申込書」「借用書」に記入押印し、申し込みが完了したとのことで、「あっという間に申し込みできて本当に良かった」とのこと。

他には、身分証として運転免許証、振込先の通帳を提示したとのことです。(追記:家族の載った住民票も必要とのこと)

来週には振り込まれるということで、当面のつなぎ資金ができたということで、喜んでいました。


緊急融資や事業化給付金など、給付までのつなぎ資金を確保して、生き残っていきましょう!


新型コロナ-融資を借りて生き残ろう「事例紹介④」

今朝の報道にがっかりです。

国が真っ先に取り組んだ新型コロナ対策「雇用調整助成金」、休業させた従業員へ休業補償を支払ったら助成金を支払うというものですが、相談件数4万7千件、手続き中はたった2859件、受理されたのは214件、そしてなんとなんと、
支給決定は2件
これ、帯広の数字じゃないですよ、全国!

原因は、書類が多くて猥雑、審査人数が足りていないと国は説明しています。

いやいや、そんなことわかっていたでしょう?
雇用調整助成金なんて以前からあった制度なんだから、事務量の想定できますよね?

民商でも、会員さんがこれを受けようと資料作成に奔走していますが、本当に猥雑ですし、休業補償を従業員に支払ってから、2か月以上も支給まで待たなければいけない等などなど・・・、本当に使えない。
実際、「間に合わない」と断念している業者は山ほどいます。

4月末から始まる「持続化給付金」も、こんなグダグダじゃ、どんどん倒産が増えるんですよ!
1日でも早く、お金が入らないと業者は持たないんですよ!
制度はシンプルに!給付はスピーディーに!



さて、今回の緊急融資事例4回目は

銀行融資はセーフティーネット対応で

飲食店を営むDさん、以前から銀行とは借り入れで付き合いがあり、まず銀行に相談に行きました。
そうすると、銀行の担当者から、融資は今回の新型コロナの関係は難しくないが、融資窓口が混み合っていて遅くなりそうとのことで、普段は銀行で行っている、役所へのセーフティーネットの申請を自分で行って欲しいとのことで、さっそく役所へ行き、「セーフティーネット保証」の申請をすると、すぐに認定書を発行してくれ銀行に持っていくと、審査に入りおおよそ2週間で融資実行となっています。

※「セーフティーネット保証」:新型コロナで影響受けている業者はすぐ認定してもらえます。

また、Dさんは銀行から断られることも想定し、これまで付き合いのなかった政策公庫へも申し込みをしており、そちらも融資を受けることができ、当面の運転資金の確保に一安心していました。


 セーフティーネットの申請は役所で自分でできるので、素早い融資を受けるために自分で申請

  

新型コロナ-融資を借りて生き残ろう「事例紹介①」

新型コロナの影響で、多くの業者さんが困難に直面しています。

なかでも、飲食店やホテルなどの観光業への影響は甚大で、民商へも日々相談が寄せられています。

先日相談に来られた、飲食店のマスターは、今後のことを考えると夜も眠れず、字を書く鉛筆が震えてしまうなど、あまりの不安に体に異変を感じるというところまで来ています。


頼みの綱の「国」の支援ですが、4月8日時点で使えるのは「条件付きの無利息融資」と「雇用調整助成金」「20万円の福祉資金」のみとなっていて、すべての業者さんに救済の手がまわっていないのが正直なところで、このままでは、4月月末を乗り越えられない業者が山ほどでてくると感じます。

民商では、いまは何としても手元に運転資金を用意できるようにと全力で融資を受けるように勧め、資料作りなどアドバイスをしています。

これから、できる限り日々、融資にチャレンジした業者さんの事例を紹介していきますので、参考にしていただき、「今、生き残る対策」としての緊急融資に挑戦してください。




低所得のスナックでも借入できる

 スナックを営む、Aさんのお店は、Aママと従業員1名で営業しています。
開業の際に、銀行から借り入れをしていて、返済がまだ残っている中で、新型コロナの影響で売り上げが激減し、消費税の増税後から減り続けていた売り上げ減少に加えてダブルパンチとなって、一気に資金繰りが悪化し、すぐに融資を申し込もうということになりました。

 当初銀行のセーフティーネット融資を申し込むため準備していましたが、無利息融資が政策公庫で作られるらしいということから、政策公庫に申し込みました。

 用意したのは、政策公庫の申込書、公庫の売上減少を書き込む用紙、3年分の確定申告書と収支内訳書です。
 通常融資で問題となる、経営状況ですが、従業員と2名での経営ということもあり、1000万円以下の売り上げで、利益も数十万円と一般融資では100万円ほどが限界と思われる、決して良いという状態ではありませんでしたが、今後が読めないということもあり、300万円、15年返済うち3年据え置きで申し込みました。

 結果、据え置き期間だけは、1年に下げられてしまいますが、300万円の15年返済を勝ち取り2週間程度で融資が実行されています。

 実に、売り上げの30%、最長の15年返済、据え置き1年という通常融資では考えられない融資です。

 スナックやバーを経営している業者さんも借り入れができています。今は、生き残るとき。
 
 まだまだ、事例をアップしていきますので、参考にしていただければと思います。
 
 民商では、いつでも相談を受け付けています。苦しむ前にぜひ相談ください。

 


帯広民商プロフィール

帯広民主商工会

十勝・帯広で52年、中小業者の営業とくらしを守るため、業者自らでつくる団体です。税金、記帳から生活、経営の相談まで悩み多い中小業者のよりどころとして、日々活動しています。
お気軽にご相談ください。
  電話 0155-22-4555

お問い合わせ


帯広民主商工会
〒080-0011
帯広市西1条南4丁目7
     民商ビル2階事務所
電話0155-22-4555 
FAX0155-22-4583

メール:minsho@octv.ne.jp
営業時間9:00~17:00

お気軽にお問い合わせください
携帯サイト
QRコード